システムエンジニアとして活躍している方の中には、「35歳定年説」という言葉を耳にされた方もいらっしゃると思います。将来の事を考えたら転職も1つの選択肢かもしれません。
システムエンジニアとしての経験がある方であれば、「せっかく、今までシステムエンジニアとして活躍してきたのだから、この経験は活かしたい」と考えている方も多いでしょう。
今後システムエンジニアの経験が生かせる職種の1つ、公務員について紹介したいと思います。

公務員というと、「若い人でなければ、試験を受ける資格がないのでは?」と思われる方もいると思います。意外にも国家公務員や地方公務員の中には、40歳未満であれば試験を受けることが出来るものもあるんですよ。
公務員でも企業でも、やはり優秀な人材を求めているもの。システムエンジニアの資格というのは、他の資格と比べるとかなり有利な資格となっていますから、公務員などへもチャレンジしやすいといえるでしょう。
公務員となれば、当然収入なども安定しますし、将来性も高いですから、安心して仕事を続けることが出来るはず。時には、システムエンジニアの経験を生かせる部署などに配属されることもありますから、今までの経験をムダにすることはないでしょう。こういった転職であれば、理想的ですよね。

このように、システムエンジニアの方が転職を考えた時には、企業への転職だけではなく、公務員へチャレンジするということも出来ます。
もちろん、それぞれ中途採用の条件が変わってきますから、これらをチェックしていくことが必要となりますが、条件がクリア出来ていれば、チャレンジしていく価値はあるでしょう。
システムエンジニアとしての経験を活かしながら、新たな職場環境で仕事に取り組めますね。