公務員への転職

システムエンジニアといえば企業で働くのが一般的ですが、登用しているのは一般の企業だけではありません。
行政機関でも、システムエンジニアなどの専門職を欲しているところがあるのです。
もしも一般の企業から新たな環境の中で仕事をしたいと考えている方は、行政など担っている公務員への転職も道の一つなのではないでしょうか。
システムエンジニアの転職は、企業から企業への転職だけではなく、市役所などの公務員としての転職も考えることが出来ます。

しかしながら、転職を目指しているのはあなただけではなく、他の方も公務員になろうと思っている人もいらっしゃいます。
そのために、毎年の倍率というのは高いものになってきます。それでも諦めずに、何回もトライしてみるのが一番の成功への道です。

また、教師になる手もあります。
システムエンジニアであるのであれば、公立高校の工業科などでの教員職だって一つの手段です。
その場合、教員免許が必要だと思われますが、大学へ入り直して取る必要はありません。
その代わりに、特別免許状が必要になります。これは各都道府県での配布になるので、相談してみるのがいいでしょう。
教師になる場合は、スキルや資格よりも、教え方や人間関係の形成が物をいう形になります。
もしも、中途半端な教え方になってしまえば、生徒からの批難は避けられない物になりますし、いつまでもネタにされるものになってしまいます。
一から丁寧に教えることに気をつけて居れば、難しいことではありませんが、時々雑になっていないかを確認していかなければならないでしょう。